どんな子供さんも「発達・発育の仕方やタイミングは人それぞれ」と考えて特別問題扱いをせずにフラットに接しているNPO法人スタッフの方々が「子供さんの学び」について喋る対談イベントに参加しました!

はじめまして。成人してから発達障害の診断を受けました、ゆらりと申します

今回、私のADHD/ASDの事を知っても全く動じず、今でもフラットに接してくださるNPO法人の方が「小学校から始める、自分で作る学び方~学校外の多様な学び説明会~」と題して

実施されている事業のうちの1つ、教育プログラム「i.Dare」を通して「学び」をテーマにして喋る、と聞き

「発達障害、不登校・・・世間一般のマイナスイメージを全く気にしていないNPO法人の方々が、何を喋るんだろう?」と興味を持ったので、参加してきました

今回は、そのイベントのレポート記事です

お子様の成長に必要な事、って何だろう?と思っている方に届きますように

環境を整える事で人は育つ

イベントは、代表理事の瀬戸さんの自己紹介から始まりました

NPO法人SOMAの公教育から私教育まで展開している事業の話をしてから、今年で3期目になる事業の1つの教育プログラム「i.Dare」を通して「学び」とは何かをお話してくださり

その後、副代表理事のお二人が、自己紹介の中で「学び」とは、を語ってくださいました

大人の役割は、なによりも、子ども達の自主性を尊重する事、そして、その生活している時間・空間を整える事

事業の1つ「i.Dare」のプログラムでは子供達の「したい」の希望に

具体的な情報は与えないで、見方・考え方を示して

「今、出来る事は何か?」「出来ない事を出来るようにするには、どうすれば良いか?」を一緒に考えるそうです

・・・と、言っても、出来ない事だらけなので、決して「何でも出来る」と言わないんだとか

子ども達とスタッフの方々が一緒に成長していく感じだそうです

i.Dareのプログラムは、本当に必要最低限しか決まっておらず「自由」で

何か「これをしなさい!」「あれをしなさい!」という状況では無いからこそ

全国から参加した子供達は、自分の「したい」が自分の中から湧いてくるし

「自由」だからこそ「自分で選択して、時には選択肢を自分の手で作り出して、自分で決定する」事が出来るようでした

i.Dareの1回のプログラムは、1週間に3回×約27回のオンラインと、3ヶ月に一度の4泊5日のオフラインキャラバン(合宿)で構成されています

オンラインでは、参加者同士の対話型のコミュニケーション(カメラon,off、音声on,offも自分で決める)

オンラインだからこそ出来る、様々な方を呼んでの対話

また、「オンライン?!」と疑うくらい、身体を動かす事もあるのだとか

オフラインキャラバン(合宿)では、まず「参加するか、しないか」を子ども達自身で決め、交通手段も自分で決めて集合します

鉄道好きな子は各駅停車で2日かけて合宿場所に来たとか

三食全ての食事を自分達で作り、それ以外は特に決め事は無いそうです

※単発でキャラバン(合宿)だけの参加や、単発のイベントの参加も可能です

「登壇者3人の「学び」とはのお話」

i.Dare自体の説明が終わった後の、対談の中で「安心・安全」という言葉がキーワードに感じられました

現在、民間学童保育を運営している、保育士の副代表理事、鹿内さんは、いつも必要ではないけど

背中に手が当たっているような感覚の「安心・安全」があるからこそ、挑戦が出来て、他者と関わる事が出来る、と仰っていました

i.Dareは、ずっと対面で接している環境だと、挑戦の機会が少なくなってしまいがちな所を、合宿で機会提供が出来る所が、他との違いと考えているそうです

加えて、「考える前に、まず感じる事」もキーワードだったように思います

楽曲教育からSOMAに携わっている副代表理事、濱田さんは「知る事、感じる事が何かをする前に大切な事」とお話くださりました

結果の前に大切な事は何か?を考えて感じ続ける事、プロセスが大事

そもそも「好き」「幸せ」って感じるものですよね

濱田さんのお話を聞きながら、別のイベントで聞いた「体験が無いまま教科書の知識を入れても、空虚な知識で生きた知識とは思えない」という主旨の瀬戸さんの話を思い起こしていました

「体験が大事」だから、オンラインでも身体を動かす事をi.Dareで取り入れているのかな、と思いました

「お話を聞いて~「自分で決めて実行した体験」それ自体の大切さ~」

このオンラインの説明会が終わった後、当事者の集まりの会話を思い出していました

「すぐに言われた事を忘れる」という方が対処法を知りたい、と言うので

1、付箋を持ち歩いて、すぐにメモをする

2、付箋自体が小さくて失くすなら、ノートレベルの大きなモノで代用

3、スマホ使える状況なら、メモアプリを活用

4、議事録が上手く取れない人は、ボイスレコーダーを活用している、と聞いた事がある

と、提示しました。その方は「どれが良いか」と私に尋ねたのですが、困ってしまいました

私はスマホで文字を打つ間に、メモする内容自体を忘れがちなので「1」を採用していますが「3」が合う当事者も居ます

特性の凸凹が個人でバラバラだからです

本人に合う対策は本人しかわかりません

もっと言うと、本人にもわからない時が多いので「自分で試行錯誤して正解を見つける」ので、正解を私は持っていません

上記の説明をしても、まだ「どれが良いか」悩んでいる様子でした

行動するのは、流石に代わる事が出来ません、と思ったのを覚えています

自分で選択した経験が圧倒的に足りないか

正解と不正解の二択の世界で、正解を出し続ける事に慣れきってしまったのか

その世界で失敗を許されなかったのか・・・定かではありませんが

生来の特性の強さで当事者は支障をきたしていますが、「試行錯誤が出来ない」というのは、その支障の軽減が出来ません

説明会を聞いて、自分の当事者会の会話を思い出して、当事者問わず、人には「訓練する機会、場所」が必要なんだ、と感じました

ご紹介:10月,11月開催オンライン親子deクッキング~栄養士 さきちゃんと一緒に作ろう 栄養たっぷり 季節のおやつ~

i.Dareのプログラムや、スタッフさんに興味を持たれた方

今回のイベントの主催団体、NPO法人SOMAの栄養士のスタッフさんが、イベントをします

i.Dareのクッキングプログラム、きっと楽しいですよ!

・・・「参加した事無いのに、なぜ言えるの?」なのですが

i.Dareに参加した子供さんや保護者さんのアンケートの中で「料理が好きになった」「子供が料理に関して自信を持ち始めた様子」など

料理に関して書いている方が多くいます。それだけ印象が深いみたいです

また、i.Dareの取り組みは、経済産業省の実証事業「未来の教室プロジェクト」に2年連続で選ばれています

※実証事業とは:新しい技術/システム/制度などの有効性を実験する取り組み

その報告書にも料理の事が書かれていますが、料理を通じて、沢山の事を感じ、学んでいる様子です

今回、親子で一緒に参加出来て

量って、混ぜて、揚げるだけの簡単料理のようです

当事者の中には特性上、料理が苦手な人も多いんですが

自分の癖を知っている方は、工夫して問題無く料理している方も居ます

まず、簡単なものから一緒に楽しんで、苦手意識そのものを持たせない事って大切です

事前に用意する材料も「適量」の表記じゃなくて、キッチリ「g」で書いてます!

(適量が分からず、パニックになる当事者も多いので、この表記は嬉しいですね)

これなら、まず「参加する前から」自分で(または、親御さんと一緒に)出来ると思います

一緒に楽しんで、料理に自信を持てる体験になりますように

料理中のカメラoff,視聴のみの参加も可能だそうです

雰囲気だけ感じたい方も下記URLから、ご検討どうぞ

栄養士 さきちゃんと一緒に作ろう!栄養たっぷり季節のおやつ~10月&11月 ふんわり枝豆ボール~

i.Dareキャラバンのご案内

単発でも全国から参加可能なキャラバン

夏のキャラバンは終了しましたが、秋と冬にも実施されるようです

興味を持たれた方は是非、メーリングリストに登録して、今後の情報をお受け取り頂けたら幸いです

↓夏キャラバンの様子

7/22~25開催 i.Dare 夏のキャラバン vol.1 地球の進化の謎に迫る!博士と学ぶジオキャンプ,活動の様子

ジオキャンプ オンライン振り返り会を開催しました

記事がお役に立てたならば幸いです

ではまた

関連記事

コメント