学校外の多様な学びに興味がある方へ ~説明会に参加しました~

こんにちは。成人してから発達障害の診断を受けました、ゆらりと申します

今回は、説明会で聞いた、小学生・中学生の教育環境についてのお話と、その事例として、説明会主催のNPO法人の事業の1つ「エデュケーションハブi.Dare」の紹介記事です

診断を受けた当初、自分と同じ診断を受けた人達の生活改善法を知りたい、仲間が居る場所で安心したい、と思って、発達障害者のコミュニティに参加していました

その中で「子供の時の体験が、その後の生きやすさ、生活を立て直す能力」に大きく影響しているな、と感じました

辛くて泣き叫んだ時期もありましたが、現在の生活は、周囲の方の理解のおかげで相当楽になっています

「仲間が居る空間」は安心するので、今もコミュニティに参加していますが

皆がちょっとでも生きやすくなるヒントを探したくて、教育業界もウロウロしています

その御縁で、オンラインイベント「小学校から始める、自分で作る学び方~学校外の多様な学び説明会~」に参加しました

この考え方、活動が、必要な方に届きますように

環境を整える事で人は育つ

イベントは、代表理事の瀬戸さんの自己紹介から始まりました

NPO法人SOMAの公教育から私教育まで展開している事業の話をしてから、今年で3期目になる事業の1つ「エデュケーションハブi.Dare」のプログラムを通して「学び」とは何かをお話してくださり

その後、副代表理事のお二人が、自己紹介の中で「学び」とは、を語ってくださいました

i.Dareが中心に据えている考え方は「生きる、あそぶ、学ぶを自由に」です

御説明を聞いていると、この考え方をi.Dareのプログラムは体現していました

必要最低限しかi.Dareは決まってないので、本当に「自由」で

全国から参加している子ども達は「自由」だからこそ「自分で選択して、時には選択肢を自分の手で作り出して、自分で決定する」事が出来るようでした

1週間に3回×約27回のオンラインと、3ヶ月に一度の4泊5日のオフラインキャラバン(合宿)でi.Dareのプログラムは構成されています

オンラインでは、参加者同士の対話型のコミュニケーション(カメラon,off、音声on,offも自分で決める)、オンラインだからこそ出来る、様々な方を呼んでの対話

また、「オンライン?!」と疑うくらい、身体を動かす事もあるのだとか

オフラインキャラバン(合宿)では、まず「参加するか、しないか」を子ども達自身で決め、交通手段も自分で決めて集合します

鉄道好きな子は各駅停車で2日かけて合宿場所に来たとか

三食全ての食事を自分達で作り、それ以外は特に決め事は無いそうです

登壇者3人の「学び」とはのお話

大人達は、環境を整え、子ども達の自主性を尊重する事が役割

「あなたは何がしたい?」の前に具体的な情報提供はせず、見方・考え方の視座の提供をして

「今、出来る事は何か?」「出来ない事を出来るようにするには、どうすれば良いか?」を一緒に考えるそうです

出来ない事だらけなので、決して「何でも出来る」と言わないんだとか

子ども達とスタッフの方々が一緒に成長していく感じだそうです

また、「安心・安全」という言葉がキーワードのようでした

現在、民間学童保育を運営している、保育士の副代表理事、鹿内さんは、いつも必要ではないけど、背中に手が当たっているような感覚の「安心・安全」があるからこそ、挑戦が出来て、他者と関われる、と仰っていました

i.Dareは、ずっと対面で接している環境だと、挑戦の機会が少なくなってしまいがちな所を、合宿で機会提供が出来る所が、他との差異と考えているそうです

加えて、「考える前に、まず感じる事」もキーワードだったように思えます

楽曲教育からSOMAに携わっている副代表理事、濱田さんは「知る事、感じる事が何かをする前に大切な事」とお話くださりました

結果の前に大切な事は何か?を考えて感じ続ける事、プロセスが大事

そもそも「好き」「幸せ」って感じるものですよね

濱田さんのお話を聞きながら、別のイベントで聞いた「体験が無いまま教科書の知識を入れても、空虚な知識で生きた知識とは思えない」という主旨の瀬戸さんの話を思い起こしていました

「体験が大事」だから、オンラインでも身体を動かす事をi.Dareで取り入れているのかな、と思いました

お話を聞いて~「自分で決めて実行した体験」それ自体の大切さ~

このオンラインの説明会が終わった後、当事者の集まりの会話を思い出していました

「すぐに言われた事を忘れる」という方が対処法を知りたい、と言うので

1、付箋を持ち歩いて、すぐにメモをする

2、付箋自体が小さくて失くすなら、ノートレベルの大きなモノで代用

3、スマホ使える状況なら、メモアプリを活用

4、議事録が上手く取れない人は、ボイスレコーダーを活用している、と聞いた事がある

と、提示しました。その方は「どれが良いか」と私に尋ねたのですが、困ってしまいました

私はスマホで文字を打つ間に、メモする内容自体を忘れがちなので「1」を採用していますが「3」が合う当事者も居ます。特性の凸凹が個人でバラバラだからです

本人に合う対策は本人しかわかりません。もっと言うと、本人にもわからない時が多いので「自分で試行錯誤して正解を見つける」ので、正解を私は持っていません

上記の説明をしても、まだ「どれが良いか」悩んでいる様子でした

行動するのは、流石に代わる事が出来ません、と思ったのを覚えています

自分で選択した経験が圧倒的に足りないか、正解と不正解の二択の世界で、正解を出し続ける事に慣れきってしまったのか、その世界で失敗を許されなかったのか・・・定かではありませんが

生来の特性の強さで当事者は支障をきたしていますが、「試行錯誤が出来ない」というのは、その支障の軽減が出来ません

説明会を聞いて、自分の当事者会の会話を思い出して、当事者問わず、人には「訓練する機会、場所」が必要なんだ、と感じました

i.Dare2021のご案内

現在参加者を募集しているそうですので、ご興味ある方は下記リンクからどうぞ

i.Dare2020の実施概要も下記リンクから飛べます

必要な方へ届きますように・・・

第一期募集期間

2021/5/16(日)~6/7(月) 定員35名 i.Dare2021

対象:小学4年生~中学3年生相当年齢とその保護者

対象地域:全国

NPO法人SOMA i.Dare参加者募集

i.Dare2021オンライン体験会(6月)のご案内

どんなイベントも、プログラムも、いきなり参加を決める!・・・は中々出来ない事だと思います

少し雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか?

お申し込みは下記リンクから(体験会の内容もリンク先に記載されています)

i.Dare2021オンライン体験会のお知らせ

対象:小学4年生~中学3年生相当年齢

日程:

・6月5日(土) 10:00~11:30

・6月17日(木) 13:00~14:30

・6月30日(水) 13:00~14:30

コメント